FUJI500km/1000km耐久

耐久日程 日時:2018年8月13日(月)-14日(火)
場所:富士スピードウェイ
主催:マッドハウスオートスポーツクラブ・K4GP実行委員会
競技種目:500km耐久(13日)・1000km耐久(14日)
参加料:500km/108,000円・1000km/216,000円 ※入場料別途
入場料:1,000円(高校生以下無料)
JAF・ゴールド・SDの割引はありません
FISCO・大御神カードは使えません
※チケットは2日間有効(再入場に必要ですので半券をなくさないようお持ちください)
レギュレーション 〈K4-GPとは〉より〈車両規定〉〈競技規定〉〈一般規定〉をご確認ください

エントリーについてクリックで開閉します
エントリー締切日2018年6月30日(土)消印有効 締め切りました
エントリー条件 500km:すべてのチームがエントリー可能です
1000km:過去K4GP耐久に出場経験のあるチームのみエントリー可能です
エントリー・申込方法 申込方法の詳細はこちらをご覧ください
募集要項〈pdf・5枚〉

1.申込書類をダウンロード
2.参加申込書・車両申告書・入金内訳書の提出【FAX/郵送/持参】
3.参加料の納入【振込/書留/持参】
6月30日(土)締切(ここまでの申込順=ピットの先着順)

(同ピット使用申請書の提出【FAX/郵送/持参】※任意申込)
…7月6日(金)締切

4.ドライバー登録用紙の提出【FAX/郵送/持参】
…7月20日(金)締切(以降の変更はパンフレットに反映されません)

500km・申込書類
リンクを外しました〉★6.14修正版
1000km・申込書類
リンクを外しました〉★6.14修正版
※申込書類の入金内訳書に「13日の練習走行」の項目が抜けていましたので修正版を再アップロードしました
注意事項
  • ピットの先着順は1コーナー側(34番)から割り当てします
  • 書類は記入漏れのないようにお願いします
  • 一度提出した書類に変更が出た場合は早急に事務局へご連絡ください
  • ドライバー登録用紙について
  • 用紙に記入するドライバーは有効期限内のK4GPライセンスを取得している(取得するための手続きをする)必要があります
  • ドライバー登録用紙提出のタイミングはピットの先着順に影響ありません
  • 締切後も追加・変更は受付けますがプログラムへの氏名掲載はできません
  • 同ピット申請について
  • 原則としてピットの振り分けは主催者が割り当てたものに従ってください
  • 道具やドライバーの関係で同じピットを希望するチームがある場合のみ申請してください
  • 同意の無い一方的な希望によるトラブルを避けるため必ず各チームの了承を得た上で代表チームが申請をしてください
  • 申請のチーム数によって別のグループや単独チームと同じピットになることもあります
  • グループ内で申込受理の一番遅かったチームが割り当て順位となります

  • 事前発送物について エントリーの受付終了後に参加確定チームの代表者へ受理書を送付します
  • 7月27日参加チームの代表者へ受理書を送付しました

  • ★エントリーチームは以下の内容をご確認ください
    内容は変更になる可能性があります

    耐久関連資料 エントリーリスト/500km
    pdf:2枚 8月10日更新〉
    エントリーリスト/1000km
    pdf:3枚 8月10日更新〉
    ピット割りpdf:4枚 8月10日更新〉
    燃料給油規則
    pdf:2枚 8月6日更新※修正版〉
    タイムスケジュール
    pdf:1枚 8月7日更新〉
  • 暫定のタイムスケジュールから変更はありません
  • 会場案内図pdf:1枚 8月7日更新〉
    車両駐車の注意事項
    pdf:1枚 8月10日更新〉
    車検について 車検の対象車両について
  • 当日朝の受付で配布する袋に「車検該当車両」と記されています
  • 本部(パドックスイート5番)入口にも貼り出します
  • 本来エントリーする全ての車両が車検対象ですが、全車を車検する時間がありませんので何台か抽出して実施します。

    車検時によくあるトラブル
  • シートベルトの取り付け方
  • 牽引フックがない
  • バックフォグがない
  • ゼッケンの個数・大きさ
  • オイル漏れ
  • 灯火類のテーピング
  • タイヤよりはみ出たクリップボルト
  • 燃料漏れ
  • 車載タンク容量を把握していない
  • タンクの書類不備・容量の間違い
  • 室内燃料ホースの傷・クオーターのインナーパネルを外していない など
  • K4-GPの車検は車両の安全性と、申請された燃料量の確認が主なものです。
    過去、車検に落ちて走行できなかった車両は1台もありません。全てなんとか走行できるようにしています。初の1台にならないよう、車両制作担当者は車両レギュレーションの再確認をお願いします。

    車検スケジュール〈pdf:pdf:1枚 7月25日更新〉
    当日の受付について
  • エントリーチーム(500km・1000km)の受付は13日の朝です
  • チーム毎の受付です
  • 受付の流れについては変更の可能性があります
  • 耐久当日の受付の流れ


    TOP

    inserted by FC2 system